ココナッツオイルの効能は歯にも良い


歯

ココナッツオイルは、歯の細菌予防にとても効能があるといわれています。その中でも、歯のケアでは、ココナッツオイルの効果が注目されています。体の内部のことだけではなく、歯などの口腔衛生のケアもとても大切ですよね。

 

そこで今回は、ココナッツオイルの効能として、なぜ歯に良いのかをご説明します。
スポンサーリンク



 

 

 

ココナッツオイルの効能 どうやって使う?

 

ココナッツオイルでの歯のケアは、うがいの方法で行います。

 

ココナッツオイルでうがいをする方法を「オイルプリング」といいます。

 

詳しくはこちらから⇒ココナッツオイルの効能 うがいをしてみよう

ココナッツオイルのうがいの効能や方法もご紹介中です。

 

 

 

ココナッツオイル 歯の効能

 

ココナッツオイルは、歯や口腔衛生ケアでも2つの効能があります。

 

 

歯周病予防

 

歯肉や歯茎の炎症(歯肉炎)でよくみられる症状です。

 

歯医者でも、虫歯よりも歯肉炎を気にされることが多いです。若い方でもなられる方が多いので、油断できない病気です。

 

主な歯周病は、歯磨きの不足、歯肉の血流が悪い、噛みあわせが悪いなどが原因と言われています。特に、歯磨き不足の場合だと、口内に細菌がたくさん繁殖します。(眠っているときは特に)

 

さて、それではなぜココナッツオイルが歯周病予防になるのかということですが、ココナッツオイルには細菌を取ってくれる働きがあります。

 

ココナッツオイルの油で、食事などでの食べ残った歯垢などの歯の汚れを溶かしてくれるそうです。また、うがいをすることで、口内に含まれた細菌を付着し取り出すことができます。

 

そのため、歯周予防になるのです。

 

 

歯のホワイトニング

 

歯磨き粉で歯を磨きますよね。じつは、汚れがとれないからといって、歯磨き粉をつけすぎた歯磨きのやり方は、身体によくありません。

 

歯磨き粉に含まれるフッ素は、歯をきれいにはしますが、身体によくないもので、あまり多くとらない方がいいのです。多量に摂取すると、毒性の強い化学物質となります。

 

じつは、ホワイトニングもフッ素が多く使われているので、あまりおすすめできなかったりします。

 

そこで、活かすのがココナッツオイルです。ココナッツオイルは、オイルで歯の汚れを溶かす働きがあります。

 

口内の汚れや細菌が減ることにより、歯は汚くなりませんよね。つまり、自然的に歯のホワイトニングになります。

 

細菌は様々な病気の原因となってしまいます。体の病気はじつは歯周病が原因だったなんてこともあるので、歯や口腔ケアは侮れないのです。

 

ぜひ、興味がある方は、ココナッツオイルのうがいにチャレンジしてみてください。

 

歯以外にも、免疫力を高めたり、美容や健康にも効能や効果は期待されているそうです。

⇒ココナッツオイルの効能は肌にも良い

⇒ココナッツオイルの効能は凄い

 

ココナッツオイルはちょっと・・・という人向け

歯の黄ばみを取る方法

自宅で歯をホワイトニングできる簡単な方法

 

スポンサーリンク



    コメントは受け付けていません。

    サブコンテンツ