ココナッツオイルの効能 副作用はあるのか

考える

ココナッツオイルには、健康や美容に嬉しい効能があります。ただし、ココナッツオイルの効能は分かったけれど、副作用も気になるところですよね。

 

ココナッツオイルに副作用は含まれているのか、含まれていないのか?

 

そこで今回は、ココナッツオイルの副作用についてご紹介します。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

ココナッツオイルの効能 副作用はあるのか?

 

ココナッツオイルの効能はたくさんあります。例えば、ダイエットやコレステロール値をさえたり、認知症などによい効能があるなど様々です。しかし、副作用があるかどうかが心配ですよね。

 

ココナッツオイルは油である食品なので、基本的には副作用はありません。

 

特にヴァージンオイルに関しては、化学的なものを使用していないため天然成分となっています。

 

 

ココナッツオイルの副作用 アレルギーに注意

 

ココナッツオイルに副作用はありませんが、「ココナッツ」にアレルギーを持っている方は注意してください。

 

日本では、ココナッツをあまり食べないため、アレルギー反応が出てしまう人もいるそうです。

 

ココナッツアレルギーを持っている人は、副作用のような症状がでてしまうかもしれません。(腕や太ももの発疹、下痢など)

 

ココナッツオイルを使用する時は、パッチテストをするのがおすすめ⇒パッチテストのやり方

 

 

ココナッツオイルの副作用 過剰摂取と体に合わない

 

ココナッツオイルを使い始めいきなり過剰に摂取したり、体に合わずに、下痢や嘔吐、発疹、めまいなどの症状が出るそうです。

 

ココナッツオイルもオリーブオイルと同量の油なので、気持ち悪くなってしまう方もいるそうです。

 

ココナッツオイルを摂取する時に気を付けること

 

そのため、最初にココナッツオイルは少量から食べ始めるのをおすすめします。

 

大さじ2杯が1日の目安ですが、少量から徐々に体を慣らしていくのが良いと思います。

 

万が一、アレルギーや上記のような反応、症状が出た場合はすぐに使用をやめて下さい。

 

 

ココナッツオイルの効能はたくさんあります。

 

⇒ココナッツオイルの効能は肌にも良い

⇒ココナッツオイルの効能は凄い

 

 

———————————

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ