チアシードの効果で血圧にも良いのか?


kouketuatu
チアシードに含まれている成分は体にとても良いです。便秘改善だけではなく、身体の内部も綺麗にしてくれるスーパーフードです。

 

そんな中、チアシードの効果は高血圧にも良いのです。血圧は自分で意識してもなかなら下がらず、お悩みの方もいらっしゃるはずです。

 

チアシードは血圧にも良いとのことなので、調べてみました。

 
スポンサーリンク



 

チアシードの効果 高血圧の原因

 

血圧が上がっている状態を高血圧といいますよね。少しだけ、高血圧の原因について少しご紹介します。

 

血圧を下げるのに大切な知識となります。血圧が下がる原因を知ることで予防を目指すことができます。

 

 

塩分過剰摂取

 

代表的なものが、塩分の取りすぎです。日本人と言えばお塩が大好きですよね。海外では、日本の塩分好きには疑問視をされるほどなのだそうです。

 

とにかく味が濃いものが大好き、調味料大好き。

 

さて、なぜ塩分を取りすぎると高血圧になるのかというと、塩分に含まれるナトリウムに原因があります。

 

ナトリウムを取りすぎると、血液は塩分濃度が上がらないように水分で薄める作用をします。塩分を取りすぎると喉が渇き、水が飲みたくなりますよね。じつはこれがその現象なのです。

 

ナトリウムの量が多いほど、水分量が必要になるため、体内の水分は多くなります。そのため、血液の量も増大し、血圧が上昇するというわけになるのです。

 

普通であれば、ナトリウムの余った成分は、腎臓から体外へと排出されます。ただし、この腎臓などの機能ができないほどのナトリウムを摂取してしまうと、排泄できずに血液にたまってしまうのです。

 

なので、最近では血圧が上がらないように減塩醤油などの商品が人気だったりします。塩分をできるだけ控えて血圧を下げるように心がけるのも大切ですね。

 

 

他の血圧が上がる原因

 

生活の崩れ、加齢からの血管の老化、ストレス、運動不足、肥満、遺伝、禁煙

 

など生活習慣病などが高血圧の原因があげられます。

 

高血圧は、血管に負担をかけやすく、動脈硬化なども早めてしまいます。

 

 

 

チアシードの効果 血圧を下げるのになぜ良いのか?

 

 

高血圧の原因は、主に食生活に問題があるとも言われています。代表的な塩分過剰摂取は当てはまると思います。

 

チアシードは、膨張作用があるため、満腹感を与えます。無理せずに食事量を減らすことができれば、塩分の摂取も減らせることができると思います。食物繊維も豊富なので、排泄の効果も促してくれるのでしょう。

 

血圧を下げるために、無理有減塩しすぎて、味が薄くなったとすれば食欲がうせてしまいますよね。特に濃いめの味が好きな方。

 

ただ味を薄くすれば良いというわけではなく、素材のうまみ成分を生かした方法で実践すれば、薄い味にならなくてすみます。また、食事量が減らせれば減塩せずにすむということもあります。

 

他にも、血圧を下げる効果としてチアシードの成分には凄いところがあります。

 

チアシードには、カルシウムが豊富なので血圧を正常に保つ働きがあります。

 

カルシウム不足になると、血圧上昇の原因となってしまいます。それは、塩分を過剰に摂取してしまうと、カルシウムまでも体外に排出されてしまうからです。そこから、カルシウム不足で動脈硬化までも招いてしまいます。

 

また、チアシードにはカリウムも含まれています。カリウムは、必要のない塩分を腎臓から排出してくれたりします。このことにより、チアシードを血圧を下げる効果が期待できると思います。

 

 

 

血圧を下げる薬を飲んでいる人は注意

 

ただし、チアシードには血圧を下げる効果がみられます。そのため、血圧を下げる薬を飲んでいる方でチアシードを食べたい時は、医師の確認を取ってから食べるようにして下さい。

 

 

芸能人やモデルが食べているチアシードからオーガニックまでをご紹介中です。

⇒おすすめチアシード商品

 

血圧などと合わせて読むと、よりチアシードの効能を実感することができます。ぜひご覧ください。

⇒チアシードの効果 中性脂肪を減らそう

⇒チアシードの効果 コレステロールを下げよう

 

チアシードをお手軽に摂取する方法があります。きちんとしたバランスの栄養素が取れるのでおすすめです↓

⇒チアシードの食べ方 お手軽に摂取

 

 

ミネラルが豊富で、簡単に摂取できるルイボスティーという健康茶もおすすめです↓

⇒ルイボスティーの効能は血糖値を下げる飲み物

⇒ルイボスティーは血管にも良い

 

スポンサーリンク



    コメントは受け付けていません。

    サブコンテンツ