チアシードヨーグルトは一晩寝かせると便利


ヨーグルト4
以前、チアシードの食べ方でヨーグルトとの組み合わせの記事を書きました。

 

今回は、チアシードヨーグルトを一晩寝かせておく方法をご紹介します。

 

チアシードヨーグルトは、前日に作っておくととても便利です。忙しい朝にはおすすめです。

 

 

スポンサーリンク



 

 

ヨーグルトに入れて一晩浸しておく

 

ヨーグルトに入れてい一晩浸しておく方法とは、チアシードをヨーグルトの中にいれて寝かしておく方法です。

 

水に浸すより、そのままヨーグルトと一緒に食べれることができるので便利です。

 

チアシードは朝に摂取するのが一番栄養素を補給する上で効率が良いです。

 

また、忙しい朝にチアシードヨーグルトを作っておくことで、楽に食べることができます。

 

そのため前日の夜にヨーグルトにチアシードを入れて混ぜて、一晩冷蔵庫に寝かしておけば大丈夫です。

 

分量は、1人前100~200gのヨーグルトに大さじ1のチアシードを入れれば大丈夫です。

 

また、その一晩寝かせた(ヨーグルトに浸しておいた)チアシードヨーグルトを、シリアルやドライフルーツなどに混ぜると満腹感を感じることができます。

 

 

チアシードと合わせるヨーグルトを選ぶ

 

 

最近では市販のヨーグルトでも、効能が違ったりします。

 

そのため、チアシードと組み合わせることで、様々な効能を発揮してくれるでしょう。

 

おすすめは、免疫力をアップするヨーグルトと組み合わせる食べ方です。

 

栄養を取り風邪の引きにくい身体を作ることができるでしょう。

 

免疫力アップの明治R1ヨーグルト(赤いパッケージ)やカスピ海ヨーグルトです。

 

モデルや芸能人が使っているおすすめチアシード商品をご紹介中です↓

⇒チアシードのおすすめ商品

 

ヨーグルトとチアシードの組み合わせは、便秘の方にもおすすめです。

 

関連記事

⇒チアシードの食べ方 ヨーグルト

⇒ヨーグルトの種類によって効果が違う

⇒チアシードドリンクの作り方

⇒チアシードの食べ方 スムージー

⇒チアシードの食べ方 アサイーやベリー系と一緒に摂取

 

スポンサーリンク



 

 

    コメントは受け付けていません。

    サブコンテンツ