ルイボスティーの効能は血管にも良い


手

ルイボスティーの効能は様々あります。ルイボスティーは、飲みやすいだけでなく身体にもとても良い飲み物です。その中でも、ルイボスティーの効能は血管にも良いそうです。

 

最近では血管年齢と言われるほど、血管の衰えは怖いもの。下手すると動脈硬化なんて招いてしまいます。

 

そこで今回は、ルイボスティーの効能として、なぜ血管に良いのかをご紹介します。

 
スポンサーリンク



 

 

 

ルイボスティーとは?

 

ルイボスティーとは、ノンカフェインでノンカロリーのとても体にやさしいお茶です。なので、妊婦さんや赤ちゃんからお年寄りまで幅広い年齢層で飲まれています。

 

ルイボスティーに関してはルイボスティーの効果と効能とはでご紹介中です。

 

 

ルイボスティーの効能 血管に何故よい?

 

血管に何故良いのかというと、ルイボスティーには、老化防止や活性酸素を除去してくれるSOD様酵素というものがあります。

 

これらの活性酸素が身体にダメージを与えると、酸化という現象が起こります。この酸化現象が身体をサビらせ、老化の原因につながってしまうのです。

 

そのため、内臓の機能が低下することから、血管などにもダメージを与えてしまうのです。

 

ルイボスティーのSOD様酵素には、抗酸化作用があるため、血管を柔らかくし、丈夫にする働きがあります。身体の内部からきれいにしてくれるので、代謝もあがるため血流も流れもよくなるわけです。

 

身体の美容や健康には血管を強くするのは大切です。

 

活性酸素や酵素については、

水と水とは?酵素とは何か?でご紹介中です。

 

 

テレビで血管特集としてルイボスティーが紹介

 

2015年9月12日のテレビ番組「世界一受けたい授業」で「ルイボスティー」が紹介されていたそうです。

 

内容は、手先にある毛細血管が消えてしまう「ゴースト血管

 

 

ゴースト血管とは?

 

身体全体には、目に見えにくい毛細血管があります。この毛細血管が、酸素や栄養を運んでくれるそうです。

 

しかし、この毛細血管は細くダメージを受けやすいとのこと。

 

血流が悪い生活を送っていると、この毛細血管がなくなってしまうそうです。栄養や酸素を供給してくれてるので、なくては困るものです。

 

毛細血管が消えてしまうことを「ゴースト血管」というそうです。

 

そこで、ルイボスティーを飲むことにより、血管の細胞の結合を強化し丈夫な血管を作りあげてくれるというわけです。

 

 

おすすめのルイボスティー

 

ティーバックで簡単にお安く、また体にやさしいルイボスティーをご紹介中です。

 

妊活や妊婦さん、赤ちゃんまで飲めるので、全般の人にやさしいお茶ということが証明されています。

 

⇒ルイボスティーおすすめ商品

⇒ルイボスティーの商品比較ランキング

 

冬は特に血管が収縮しやすいのでルイボスティーは特におすすめ。ぜひ、ルイボスティーを飲んで血管を強化しちゃいましょう。ただ飲むだけなので簡単です。

 

 

血管を強くする食材もご紹介中です。

⇒みんなの家庭の医学 山形県の米油(こめ油)とは?

 
スポンサーリンク



    コメントは受け付けていません。

    サブコンテンツ