チアシードの食べ方 パン

pann

当サイトブログ管理人の
チアシードをパンに入れた食べ方の、チアシード実践記録となります。

 

今回は、ご紹介というよりも
チアシードパンの実践記録となります。

 

チアシードパンはいったい何に良いのか・・・

 

今回は、
チアシードの食べ方~パン編~をお送りします。

スポンサーリンク



 

チアシードの食べ方 パン編

 

以前チアシードを試して、
便秘解消につなげてくれた私の母が、チアシード入りパンを作りました。

 

スーパーチアシード便秘編実践記録は↓

⇒スーパーフードのチアシード効果 便秘編

 

 

私の家では、
パンを焼くオシャレなパン焼き機はなく、強力粉とイースト菌とお湯、チアシードを入れたシンプルなパンです。

 

母の作るパンは、
いつもお湯が熱すぎてイースト菌が死んで、発酵不足なのですが、意外と美味しいパンだったりします。

 

発酵はしないけど、
その分うまみが凝縮された感じです。

 

それと、電子レンジが結構古いので、
まんべんなく焼けないのが問題です。

 

こんな悪条件だったりします(苦笑)

 

 

チアシードの食べ方 参考にならないパンの作り方

 

・強力粉・・・適当

・チアシード・・大さじ1~2

・塩・・・・・適当

・イースト菌・・箱の裏の分量を見てね。

・水(お湯)・・・適当(生地がぬちゃっとするぐらい)
常温がいいです。沸騰したお湯を入れると、イースト菌が死んで発酵しません。

・砂糖・・・大さじ1ぐらい?

・塩・・・少々

・油・・・大さじ1

 

 

①チアシード以外混ぜる

②ぬちゃっとするけれど、とにかくこねる

③まとまってきたら、チアシードを入れる。

(水に浸したチアシードを入れてもOK)

④形を決めて、オーブンに入れる

⑥180度のオーブンで12分ぐらい焼く

⑥完成だ

 

チアシードの食べ方 パンの効果は?

 

上記の内容をみてもわかる通り、パンっぽいようなパンです。

 

でも、これでも一応れっきとしたチアシードパンです。

 

写真は恥ずかしいので載せません^^

 

 

実際、小さいパンを2個食べました。
まだ入るかなと思いましたが2個。
市販の丸パンより1.5個分ぐらい。

 

 

チアシードパンを食べた結果・・・

 

 

腹持ちがとても良い。
栄養価が高く、空腹にならない。

 

といったところです。これは凄い。

 

普通の食パン1枚だけだと、
2時間ぐらいしたらお腹が減る私ですが、4時間以上は平気でした。

 

普段なら空腹になりすぎて、
イライラ度があがるのですが、チアシードパンは栄養価が良いのか、程よい腹の減り具合でした。

 

加熱すると、
チアシードの栄養素は下がると思っていましたが、意外とそうでもないかもです。そのあたりは個人の意見なので、根拠には欠けますが、とにかく腹持ちが良いです。

 

母は、水でチアシード何かを食べるとわりと満腹感が得られたのですが、私はそうではありませんでした。

 

だけれど、このチアシードパンの食べ方はお腹が程よく減るしかも、空腹のイライラもなく栄養価が良いということが実感できました。

 

チアシードの食べ方の効果は
人によりけりですが、チアシードパンの食べ方はなかなか良いと思います。

 

あれをパンと呼べるかわかりませんが。
空腹のイライラがない、空腹感がはらへったーっていう感じではなく、お腹減ったかな?とうイメージです。

 

もしかしたら、
パンケーキとかに混ぜた食べ方も有りかもしれません。
パウンドケーキとかクッキーとかもいけるかもです。

 

食パンだと、
プチプチ感も楽しめるそうです。

 

 

ぜひ、チアシードでのパンの食べ方も試してみて下さいね。

 

 

関連記事

 

チアシードの様々な食べ方

⇒チアシードの食べ方 豆乳

⇒チアシードの効果 スープ

⇒チアシードの食べ方 スムージー

⇒チアシードの食べ方 ヨーグルト

 

スポンサーリンク



コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ