チアシードの食べ方 豆乳

豆乳

チアシードの食べ方・豆乳トライ

 

チアシードの食べ方には、
ヨーグルトや水、牛乳、ジュースと様々。

 

色々な食べ物に混ぜて食べることができます。

 

そんな中、
より美容効果を上げたい食べ方としてあげるのが、

 

やはり「豆乳」と一緒に食べる食べ方でしょうか。

豆乳は、とてもお手軽に飲むことができますよね。

 

なんで、今回は
チアシードの豆乳の食べ方についてご紹介します。

 

スポンサーリンク


 

チアシードの食べ方 豆乳は美の味方

 

女優さんやモデルさんは、
美の秘訣は水といっていますが、
もう一つに取り上げているのが「です。

 

豆は食べ物のなかでも、
美の秘訣としてあげてる方も多いです。

 

豆商品で取り上げるのが、
やはり豆乳ではないでしょうか。

 

豆乳ダイエットなど人気ですよね。

 

豆乳は凄い

豆乳には、たくさんのビタミンが含まれています。

 

 

また、
抗酸化作用があるため、
アンチエイジング効果のあるビタミンEも豊富。

 

豆乳の最大のメインは「イソフラボン

女性ホルモンと
似た働きをしてくれて、ホルモンバランスを整えてくれます。

 

ホルモンバランスが
整うことにより、
生理前の不安定さや、肌荒れ、にきびなどを防ぐことができます。

 

豆乳の他にもチアシードには
美容に良い成分が含まれているので、ダブルで効果を上げることができます。

 

スポンサーリンク


 

チアシードの食べ方 豆乳に入れる

 

豆乳の1日の摂取目安は
200mlを1~3杯です。
(あくまでも豆乳は目安なので、特に決まってないそうです。)

 

チアシードの1日の目安量は大さじ1です。

 

 

食べ方は、

 

豆乳にチアシード大さじ1を
入れて、15分以上放置しした食べ方。

 

大さじ1を水に浸し、
15分以上たったら豆乳に入れる食べ方。

 

関連記事

⇒チアシードの食べ方 水の量は?

 

 

お好みの食べ方で大丈夫です。

 

 

豆乳は1日1杯でチアシード大さじ1にする食べ方。

または、大さじ1を三回に分ける方法で食べ方。

 

このあたりも、
好きな食べ方をしてみてくださいね。

 

 

豆乳と、チアシードは
美容では最強の食べ方だと思っています。

 

ぜひ、
様々なチアシードの食べ方をトライしてみてくださいね^^

 

豆乳を飲む場合、イソフラボンの過剰摂取には気を付けましょう

⇒黒豆の効能 大豆に副作用はあるのか?

 

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ