人・馬・豚? プラセンタとは?


プラセンタ用 1某商品のサイトを見ていたら、「プラセンタ」とう成分?を見つけました。

 

美の秘訣「プラセンタ」あの、プルセンタがここになんて書いてあっても、そうなんだ、なんて思うほど知識は深くありません。

 

 

プラセンタとはご存知でしょうか?

 

どうやら、
芸能人や美魔女が愛する美の秘訣らしいです。

 

 

しかしもこのプルセンタ、
人プラセンタ
馬プラセンタ
豚プラセンタ

 

などの種類があるそうです。

 

 

そこで今回は、
謎の美の秘訣「プラセンタ」についてご紹介します。

 

 

スポンサーリンク



 

 

 

プラセンタとは?

 

いったいプラセンタとは何なのか?

 

プラセンタとは、英語でPlacentaと書き、
日本語だと「胎盤」を意味するそうです。

 

 

た、たいばんです。。。

 

 

胎盤とは

 

お腹にいる赤ちゃんに
酸素や栄養を与えたり
赤ちゃんが成長に必要な
細胞や、臓器形成(、呼吸やタンパク質合成、排泄などなど)していく原料が全てがある臓器のこと。

 

有害な物質から守る働きもします。

 

お母さんの
ヘソの緒を通じ赤ちゃんへと繋がっています。

 

 

胎盤から抽出された成分のことを
プラセンタエキスというそうです。

 

 

このプラセンタエキスが、
様々な健康食品・美容商品に用いられているようです。

 

生々しいし、
口にいれたくない・・・
なんて思われる方もいらっしゃると思います。

 

 

じつは、
健康食品や美容商品に
使用されているプラセンタは、
胎盤そのものではありません。

 

胎盤の話に少し戻るのですが、
赤ちゃんの子宮の中で大きな
細胞分裂を起こすことで、胎盤が重要な働きをするそうです。

 

その重要な働きが、
胎盤で説明した母体が赤ちゃんい栄養素などを送ることです。

 

この赤ちゃんの細胞分裂を
早く行うのが、「成長因子(グロースファクタ)」の成分を生成すること。

 

この成長因子(グロースファクタ)を
送ることで、赤ちゃんは成長していくことができます。

 

 

簡単に書けば、成長因子は、
赤ちゃん(胎児)発育支援成分です。

 

 

母体が元気でなくても
赤ちゃんが元気だったりするのは、
胎盤から栄養を送っているため、
胎盤の働きが関係していたとういわけです。

 

 

プラセンタの話に戻り・・・

 

つまり、プラセンタとは、

 

健康食品や美容商品に
使われているのは、
胎盤じたいではなく

 

胎盤から細胞分裂を促進する
成長因子(グロースファクタ)や
他の栄養素を抽出したものらしいです。

 

 

結論として
結構生々しい話ですが、
胎盤そのものではないということがわかると思います。

 

 

なので、
プラセンタでは
生命に関する成分なので、化学的ではないことがわかると思います。

 

 

プラセンタの成分

 

・アミノ酸

 

プラセンタからのアミノ酸は、
単体で構成されているので、高い吸収率が特徴的

 

・タンパク質

 

血液も筋肉を作るのがタンパク質。
成長因子は内因性のタンパク質のこと。

 

・ビタミン
(ビタミンB1・B2・B6・B12・C・D・E・ナイアシン)

 

・ミネラル
(カルシウム・ナトリウム・カリウム・リン・マグネシウム・亜鉛・鉄などなど)

 

・糖質

 

・核酸

 

遺伝子に関わる成分。
遺伝子の修復と新陳代謝を調整してくれる栄養素。
遺伝子に働きかけて老化なども防止してくれるので、アンチエイジングにもなります。

 

体内でも作られますが、加齢と共に減少。

 

 

プラセンタは何に良い?

 

美容や健康食品に使われるので、
主にそのような関連です。

 

健康効果

 

代謝を上げたり、
精神を安定させる作用などがあるそうです。

 

・疲労回復

・欝や精神的の心の病気や不眠症

・ホルモンバランスの調整(冷え症・自律神経)

・ダイエット

 

 

美容効果

 

代謝を上げてくれるので、
活性酸素を取り除いてくれる作用があるそうです。

 

※活性酸素については、
水素水のところで詳しく説明しています。

⇒水素水とは?

 

主に肌や髪の毛のトラブルに良い作用があるそうです。

 

 

・美肌効果

・しわやたるみ、くすみ予防

・透明感のある肌

・抜け毛対策

 

 

プラセンタは、
病院や製薬会社などでも
使われており、
新陳代謝も高めてくれるので、
心も体も健康にしてくれる成分なのです。

 

 

 

プラセンタには種類がある

 

胎盤ということは、
生き物が関わるのがご想像できると思います。

そうなんです、
だから前述に人や馬、豚と書いたのです。

主に4種類のプラセンタが代表的なのだそうです。

 

 

人プラセンタ

 

その名の通り「人」の胎盤から
抽出されたプラセンタエキスのことです。

人プラセンタには、
特定の認定された製薬会社のみが製造に使用できるそうです。

 

豚プラセンタ

 

豚のプラセンタは
現在販売されている成分としては主流になっているそうです。

 

⇒豚プラセンタとは?

 

 

馬のプラセンタ

 

豚のプラセンタに比べ、
アミノ酸の量がとても豊富。

 

 

植物性プラセンタ

 

大豆やトウモロコシの胚から抽出したもの。
ライ麦や薔薇なども原料なのだとか。

 

植物には胎盤がありませんが、
同じ機能がある胎座を抽出したものをいうそうです。

 

プラセンタの成分は含まれますが、
植物のため、成長因子がないのが特徴。

 

※動物性プラセンタには成長因子は含まれています。

 

 

 

プラセンタの選び方

 

サプリメントが主ですが、
選ぶ際には製造元をきちんと把握しておくのが大切です。

 

成長因子が重要なので、
動物由来のものが良いと思います。
動物の環境も確認するのが大切ですね。

 

 

プラセンタを飲んでみる

 

サプリメントでの摂取が主かと思います。

ネット上や調べたプラセンタの中で良いなと思ったのが、
プラセンタEX100という商品です。

 

口コミやおすすめ商品としてよく紹介されてました。
馬のプラセンタを使用しています。

 

 

食用馬ではなく競争馬である
サラブレットのプラセンタのため、
国産馬ということがわかます。
(食用は成長するまで海外が主)

 

なので、とてもよい品種であることがわかります。
北の大地と書いてあるので、北海道かな?と思います。

 

日本のサラブレッド数は、
約8,000~8,500頭くらいなのだそうです。

その中でも胎盤を持てるのは2,000頭ほどらしいです。
4匹1匹の割合ですね。なので、馬はとても貴重のようです。

 

また、
アミノ酸が豊富な馬のプラセンタ。
豚に比べると、300倍もアミノ酸が多いそうです。

 

医薬品の抽出製法に準拠した
独自の特殊製法技術も用いられています。

 

⇒プラセンタEX100 PREMIUMはこちら

ぜひ、質の良いプラセンタを取って
健康できれいな体を目指しちゃいましょう。

 

プラセンタ関連記事はこちら

フラコラのプラセンタ原液の口コミ

プラセンタでエイジング・美肌を目指す

フラコラのプラセンタつぶ5000口コミ

馬プラセンタドリンクを飲んでみた感想

ハニープラセンタ原液の口コミ

 

 

スポンサーリンク



    コメントは受け付けていません。

    サブコンテンツ