キヌアとは


キヌアという食べ物はご存知でしょうか。

 

 

多分あまり聞きなれない言葉だと思います。

以前からずっとチアシードを

おすすめしていましたが、

このキヌアはすごい食材なのです。

 

 

タレントモデルのローラさんが、

キヌアを、次に注目している食材であげていたりしています。

 

 

キヌア・・・気になりますよね。

 

 

そこで、今回はキヌアについてご紹介しいます。

 

 

 

スポンサーリンク



 

 

 

キヌアとは?

ライスアイランド 素材 キヌア(輸入) 500g(amazon)

 

キヌアとは、コロンビアやアルゼンチンなど

南アンデス山脈地域一帯が原産国の小さな穀物のことです。

 

外見がゴマのような感じです。

 

日本にあるオカヒジキ(陸の海藻)と同じアカザ科の仲間。

 

 

5000年ほど前から食用として

食べられており、

遥か昔インカ帝国では神聖な食べ物として、

「穀物の母」なんて呼ばれていたそうです。

 

 

しかし、インカ帝国が征服されるなど、

歴史の流れでキヌアは排除されてしまいました。

 

 

しかし、キヌアが再び注目されたのが

1990年代の話。

 

 

宇宙局NASAがキヌアに注目をして、

「21世紀の主要食」と目を付け宇宙食にされるとかなんとか。

 

 

穀物はたくさんありますが、

その中でもキヌアは、

 

・栄養面

・取扱いやすい

・収穫率

 

その他など、長い宇宙滞在にはもってこいの

作物として発表されたそうです。

 

 

また、国連の国際キヌア年(2013年)を

きっかけに世界でブームが起きていたそうです。

 

 

チアシードとは別の

スーパーフードと言われています。

 

 

このキヌア今

モデルや海外セレブと世界が高い注目を

浴びている食べ物になります。

 

 

ローラ以外にも、ミランダ・カーなども

食べているらしいです。

 

 

 

キヌアはここが凄い

 

キヌアが凄いのは、

白米に比べると、

 

・タンパク質が2倍

・カルシウムが6倍

・鉄5倍

・食物繊維8倍

・必須アミノ酸

ほかミネラルが5倍以上

 

と驚きの栄養素があります。

 

 

ちなみに、上記の必須アミノ酸は、

食べることでしか得られない成分になってます。

 

 

また、女性ホルモンに似た働きをする

成分も含まれているので、ホルモンバランスを整えてくれます。

 

キヌアの具体的効果

 

キヌアの効果は・・・

 

・美容効果

 

リボフラビンという成分が含まれており、

柔肌を作る助けや、ぴんとハリのある肌を作り

しわなどを防止してくれます。

 

 

また、必須アミノ酸が含んでいるので、

ダメージを受けた肌を再生してくれる働きもあります。

 

美容液のような文句みたいですね^^

 

だけれど、これがキヌアの効果なのです。

 

他にも

 

・ダイエット効果・健康効果

 

キヌアは実は高たんぱくの低カロリー。

白米よりも、多くの脂質を含んではいるのですが、

じつはこの脂質、体内でコレステロールに変化しない脂肪なのです。

 

 

また、カルシウムも豊富で骨祖鬆症も防ぐことが

できます。最近骨の衰え多いですよね。

 

 

キヌアの食べ方

 

キヌアは、穀物でも

白米や玄米のような食べ方ではないそうです。

 

お釜で炊かないから便利です。

 

キヌアはゆでキヌアという食べ方が定番のようです。

 

ここではささっと書いて、次に丁寧にかきますね。

 

キヌア1合を水で洗う

沸騰した湯に入れる

15~20分くらいゆでる

ユデキヌアの完成だ~

 

 

キヌアの食べ方については

詳しく次の記事で書きたいと思います。

 

 

 

キヌアの他にも、
スーパーフードチアシードもおすすめです。

⇒チアシードとは

⇒チアシードの食べ方 お手軽に摂取

 

 

スポンサーリンク



    コメントは受け付けていません。

    サブコンテンツ