高濃度水素水とは?


水

水素水はテレビや雑誌などで取り上げられ、ブームになりつつあります。

 

水素水はあまり聞きなれないかもしれませんが、ダイエットやアンチエイジング、病気予防などにとても効果が期待されているそうです。

 

水素水の中でも、水素量が多い高濃度水素水があります。

 

今回は、この高濃度水素水についてまとめてみました。

 

スポンサーリンク



 

水素水とは?

 

疑問

 

水素水は、活性酸素を取り除き病気や老化を予防してくれる働きがあります。

 

活性酸素とは、身体の細胞を傷つけてしまう酸素の事です。

 

例えば、紫外線に当たると活性酸素が発生して肌の細胞を怖し、しみやそばかすなどを作ってしまいます。

 

活性酸素は、紫外線だけでなくても身体の中にたくさんあると、病気の原因となってしまいます。

 

疲れや過度なスポーツ、あわよくば水道水にも含まれています。

 

そのため、身体から活性酸素を除去する必要があります。

 

活性酸素排除を手助けしてくれるのが、水素水なのです。

 

水素は、水素量が多いほど活性酸素排除には良いとされています。

 

 

高濃度水素水とは?

 

水2

 

高濃度水素水とは、その名の通り水素が入っている濃度が高い水素水の事です。

 

簡単に書けば、水素量が多いということになります。

 

通常であれば、1気圧で水素が溶け込む濃度は1.6ppmが限界と言われています。

 

なので、この水素濃度1.6ppmに近い水素水高濃度水素水と言われています。

 

中には、ppbという単位の水素水もあります。

 

このppbの単位は、ppmの1000分の1。

 

つまり、1000ppb=1ppm。

 

100ppbの場合は、0.1ppmとなります。

 

濃度は水素水選びで大切なので、水素濃度を確認するうえでは注意して見てみてくださいね。

 

 

水素の量は、メーカーによって様々ですが、やはり水素が多く入っている高濃度水素水を選びたいですよね。

 

 

高濃度水素水の選び方

 

チェック

 

各水素水メーカーの水素水がたくさんあります。

 

その中でも選ぶポイントは、1.6ppm以上の高濃度水素水であったり、水素を逃さないパウチ型がおすすめです。

 

水素水は一時的に飲むのではなく、身体には継続して飲むことが大切です。

 

そのため、飲み続けていけそうな水素水を選ぶ必要があります。

 

水素水でも、メーカーによって水の硬さや飲みやすさが違ってきます。

 

このあたりは、お水を飲まれない方の場合だとよくわからない部分もあるかと思います。

 

意外と、硬めのお水の方があってるという方もいらっしゃるので、水の飲みごこちは好みとなります。

 

こればかしは、自分で試してみるしかありません。

 

水素水は、初回は安く試せることができるので、水素水選びには便利です。

 

継続できそうな値段かどうかも合わせて確認する必要があります。

 

また、自宅で作れる高濃度水素水キットというものがあります。

 

耐圧ペットボトルで高圧で水素を発生させることで、手軽に自宅で高濃度水素水を作ることができます。

 

手作りであるため、水素が落ちない所が特徴です。

 

そのため、業界トップクラスの高濃度水素水水素濃度は7.0ppm(標準は1.6ppm)、他社と比べると最大56倍以上の水素濃度の水素水を自宅で簡単に作ることが可能となります。

 

水素はパウチにして、加工や運ぶまでにどうしても水素が減ってしまいます。

 

そういった弱点を補えて、水素水の最大の水素を体に入れることができるのが手作り水素水キットの最大の利点だと思います。

 

ぜひ、興味のある方は水素水を飲んでみて下さいね。

 

おすすめの水素水と水素水キット、サーバーは下記の記事にてご紹介中です。

⇒水素水メーカーおすすめランキング

⇒水素水レンタルサーバーおすすめ

 

 

関連記事

⇒水素水とは?

⇒ゆうこりんの水素水サーバーとは

⇒健康や美容には水を飲むのが手軽

美容や健康におすすめのシリカ水

水素水をセブンウォーターで作ってみた

 

スポンサーリンク



    コメントは受け付けていません。

    サブコンテンツ