チアシードの効果的なヨーグルトの食べ方


ヨーグルト 

チアシードを効果的に摂取できる

チアシードヨーグルトの食べ方についてまとめた

記事です。

 

 

 

チアシードヨーグルトの

効果的な食べ方以外にも、

チアシードの様々な情報を

載せています。

 

 

 

チアシードを食べるとき

様々な食べ方がありますよね。

 

 

その中でも、

ヨーグルトは定番中の定番!

 

 

便秘効果やカルシウム摂取などに

最適ですよね!

 

 

ここでは、効果的に摂取できる

チアシードヨーグルトや

食べ方についてご紹介します。

 

 

スポンサーリンク



チアシードとヨーグルトの量

 

チアシードのヨーグルトの量は

人それぞれですよね。

 

そこで、

効率的で効果的な

チアシードとヨーグルトの量をご紹介。

 

 

チアシードは大さじ1杯

ヨーグルト100g

 

 

あたりがベストではないかなと思います。

 

ヨーグルトの1日の摂取量目安は

約200gなので、そのあたりで

調整してもよいかもしれません。

 

 

ただし、

チアシードの1日の摂取量は

大さじ1杯が目安なので、

ヨーグルトの量は増やしても

チアシードはあまり増やさないほうが良いかもしれません。

 

 

チアシードヨーグルトの効果的な食べ方

 

チアシードとヨーグルトだけでも

全然良いのですが、さらに効果を

あげてくれる食べ方を紹介します。

 

2つありますよ~

 

 

1つ目は、大さじ1杯のチアシードを

8~10杯の水に浸して、すわしてから

ヨーグルトに加えるとよいです。

 

 

目安としては、30分以上が良いです。

このことにより、水分量も増えて

便秘効果などには特に抜群です!

 

 

2つ目はヨーグルトを効果のあるものを選ぶ

 

ヨーグルトにはメーカーの種類によって、

効果が全く違うのはご存知ですか?

 

例えば美肌効果や免疫力を高める効果などなど

 

 

こちらの記事で詳しく書いてあるで、

ぜひご覧ください♪

ヨーグルトの種類によって効果が違う

 

効果のあるヨーグルトを選べば、

チアシードの効果も含めてW効果です!

 

チアシードヨーグルトを食べる時の注意

 

 

ヨーグルトにチアシードを入れたら、

すぐには食べないでください!

 

 

必ず、

チアシードをヨーグルトに入れたら

寝かしておいてください。

 

 

ベストは15分以上!

 

 

個人的には15分だと

少ない気がします。

 

 

とろとろにしたい場合は、

1時間以上でもOK!

 

 

朝べたい人は、

前日の夜に作っておいて冷蔵庫に

入れておくのもいいと思います。

 

 

待てないよ~すぐ食べたいよ~

 

なんて思われるかもしれませんが、

 

チアシードは水(ここではヨーグルト)を

含ませることにより、

チアシードの効果が発揮します。

 

 

チアシードって、水大好きなんですよ。

(勝手な想像ですが)

 

 

なので、すぐ食べてしまうと、

チアシードは大好きな水分を吸収できぬまま

体内の胃に入ってくわけです。

 

 

つまり・・・・

 

 

水不足のチアシードは、

胃袋や腸の水分を吸ってしまうのです。

 

 

なので、便秘などといった

悪影響を起こしてしまいます。

 

ぜひ、正しい食べ方をして

チアシードヨーグルトの効果を

存分に発揮させちゃいましょう!

 

関連記事

⇒チアシードおすすめ商品

チアシードをお手軽に摂取する方法

ココナッツヨーグルトは夏老けに良い?

 

スポンサーリンク



    コメントは受け付けていません。

    サブコンテンツ