ホワイトチアシードの効果

チアシードの中には、

ホワイトチアシードというものが

あるのはご存知でしょうか。

 

 

チアシードとは違い

効果はあるのか?

 

 

チアシードという言葉は

世間に浸透していますが、

ホワイトチアシードは

あまり聞かないですよね。

 

 

そこで今回は、

ホワイトチアシードと効果

ついてご紹介します。

 

 

スポンサーリンク



 

チアシードの違い

 

チアシードには、

 

・ブラックチアシード

・ホワイトチアシード

 

の2種類があります。

 

ブラックチアシードは、

世間一般でよく見かけるものですが、

ホワイトはあまり見ませんよね。

 

 

ホワイトチアシードとは

 

ホワイトチアシードは

サルバチアシードともよばれています。

 

ホワイトチアシード 200g

⇒ホワイトチアシード アマゾン

 

 

ホワイトチアシードは、

ブラックチアシードに比べると、

膨らみ具合が違います

 

 

ブラックチアシード膨張率が約8~10倍

ですが、

ホワイトチアシードだと約14倍!

 

 

また、ブラックチアシードに比べると

少量で満腹感も味わえてしまいます。

 

 

膨張率から見ると

効果はとても高いといえます。

 

 

なので、ブラックチアシードと

比べると、食物繊維が多いことも

わかりますね~

 

※ブラックチアシードの

 あのどっろっとした液は

 食物繊維なのです。

 

 

 

ホワイトチアシードはここが凄い

 

ホワイトチアシードには、

オメガ3脂肪酸(α-リノレン酸)

ブラックチアシードと

比べて多いということです。

 

 

そのことにより、

アンチエイジング効果や

肥満改善によいんですね~
 

 

オメガ3脂肪酸(α-リノレン酸)とは?

 

オメガ3脂肪酸やリノレン酸は

栄養素としてはあまり聞きませんよね。

 

 

なんだそれは??と思う方も

いらっしゃるかもしれません。

 

 

なので、

オメガ3脂肪酸(リノレン酸)についてご紹介。

 

 

結構大切な栄養成分なんですよ。

 

 

ここではリノレン酸

呼び方を統一しますね。

 

 

このリノレン酸は

くるみや魚などに含まれている

栄養成分となります。

 

 

植物油の主成分である

脂肪酸のひとつでもあります。

 

 

必須脂肪酸ともいわれ、

 

身体にとって必要不可欠の

脂質なのです。

 

 

簡単に言えば

健康に良い油の成分なんですね~

 

 

最近だと、

話題沸騰したエゴマ油

このリノレン酸が

豊富に含まれていたりしています。

 

 

こちらのリノレン酸の代表的な油は、

固まらない特性があります。

 

普通の油だと固まってしまいますよね。

 

そのため、血液の流れを潤滑される

働きがあるんです。

 

 

 

コレステロール値は、

血液の流れが悪いのが原因とも

言われています。

 

 

しかし、

このリノレン酸を摂取することにより、

血液の流れがよくなり

コレステロール値も下がり

肥満やアンチエイジング効果

あるといわれています。

 

 

人には、体を守るに必要な

バリア機能である細胞膜というものが

体に存在します。

 

 

じつは、この細胞膜、

リノレン酸などで構成されています。

 

 

なので、

この成分が不足することにより

バリア機能である細胞膜が

構成されず、老化の促進となってしまいます。

 

怖いですよね~

 

 

なので、リノレン酸は

肌を守る上でも必要な成分なのです!

 

 

また、お年寄りの方だと、

認知症予防など効果があると

いわれています。

 

 

他にも、

アレルギー抑制効果

うつ症状軽減効果

 

など沢山の効果が♪

 

 

 

ホワイトチアシードの効果とまとめ

 

ホワイトチアシードの効果として

ブラックチアシードと比べ得ると

食物繊維が豊富なので

 

・肥満防止

 

αーリノレン酸(オメガ3)が

豊富なので、

皮膚のしわやたる意味を改善する

 

・アンチエイジング効果

 

といった効果がホワイトチアシードに

あります。

 

同じチアシードでも

ホワイトは凄いんですね~

 

 

なので、ホワイトチアシードは

ブラックチアシードと同時に

注目されているんですね~

 

スポンサーリンク



コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ