チアシードとは

チアシード2

 

 

ここ最近、テレビで
チアシードの話題を
たびたび見るようになりましたね。

 

 

チアーシードのメディア出演が
多いことから、
スーパーでもチアシードが置かれるようになりましたね。

 

 

コンビニなんかでも見かけます。

 

 

このチアシード、

じつは

モデルさんや女優さんなども
愛用していますよね。

 

 

なんていったって

チアシードは

 

「スーパーフード」

 

と言われています。

 

 

この謎の食べ物チアシード
こちらについてご紹介します。

 

 

 

スポンサーリンク



 

 

チアシードとは

 

チアシードとは、
シソ科のサルビア属の
ミントの一種といわれています。

 

このミントの一種は、
主にメキシコといった
中南米で栽培される
果実「チア」の種のことなのです。

 

 

チアという果実
種は英語でシード

 

なので、

チアシードというんですね~

 

 

中南米では、
意外と普通な食べ物であるそうです。

 

 

見た目は黒ゴマのようですが、
水を浸透させることにより、
膨張するのが特徴となっています。

 

無味で若干のハーブ臭がしますが、

 

今、

 

スーパーフード

 

として
大注目されています。

 

 

 

 

チアシードの食べ方

 

水に含ませて食べます。

 

チアシードの特徴として、
水などと合わせると、
10倍に膨らむという性質をもっています。

 

 

 

水に含ませると、ゼリー状になってきます。

 

 

まるで、
タピオカのような感じと種の触感で
プルプルとした不思議な風になります。

 

 

しかも、時間が経つにつれて、
もこもことチアシードの量が増えてきます。

 

 

これをゼリー化とかってに私は呼んでいます^^

 

 

チアシードは、
水に含んでそのままでもよいのですが、
やはり、ヨーグルトやゼリーなどで
混ぜて食べえるのがおすすめです。

⇒チアシードの食べ方 ヨーグルト

 

 

ドリンクなら30~1時間
ゼリー、プリン等のデザートなら2時間
放置しておくのが良いそうです。

 

 

 

 

 

チアシードはここがすごい

 

 

チアシードの凄いところは
ただ単に種が膨らむだけではないのです。

 

 

ダイエット食品とまで
言われているので、とにかく食物繊維が豊富!

 

 

じつは、
このチアシードの特徴の
ゼリー状のものが
食物繊維だったりするんですね~

 

 

そのため、
便秘解消にも効果的なんです。

 

 

他にも、

 

たんぱく質

ミネラル

カルシウム

カリウム

ナトリウム

亜鉛

ビタミンB

αリノレン酸

 

 

も含まれています。

 

 

オメガ3脂肪酸(α-リノレン酸)

 

こちら、実は最近爆発的に売れた
エゴマ油に多く含まれているのですが、

 

チアシードはエゴマよりも
リノレン酸が多いんですよ。

 

 

すごいでしょ~

 

 

 

 

チアシードの歴史

 

チアシードは、
※マヤ民族、アステカ民族の
人たちの主要な栄養源でした。

 

 

※メキシコ南部から
中央アメリカ北部に
かけて住んでいるアメリカ州の先住民族のこと。

 

 

マヤ民族や、
アステカ民族の人たちは、

 

このチアシードを栽培して、
他の穀物に混ぜたり
水を加えて食べていたそうです。

 

「人の生命維持にはチアシードと水があれば足りる」

 

とまで言われてたとか。

 

 

昔から愛されていた

栄養価が非常に
高い超スーパーフードなのです!

 

 

チアシードまとめ

 

チアシードについて少しでも
わかっていただけたら幸いだなと思います。

 

 

このチアシード
本当に知らないともったいないです本当。

 

だって、

 

ウルトラ
スーパーフードなんですから!

 

 

お腹も膨れて
ダイエットや便秘効果もある
⇒必然ときれいになる

 

 

なんていう方程式ができてしまうのですから!
それも栄養価も高いので、
チアシードは、一石二鳥なんですよ♪

 

見かけはプルプルですが、
触感はぷちぷち♪

 

 

 

<関連記事>

 

⇒おすすめチアシード商品

⇒チアシードの食べ方 水の量

⇒チアシードサプリを飲んでみる

⇒チアシードの効果 副作用はあるのか?

 

スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ